本文へ移動

レビーブログ

RSS(別ウィンドウで開きます) 

花壇に咲く花を見つめて レビー八千代

2021-05-26
 今回はデイサービスレビーやちよでの皆様のご様子を紹介させて頂きたいと思います。
 レビーやちよ駐車場にはひっそりと花壇があります。気づかれない方もいらっしゃいましたが現在はパンジーが植えてあり目にひくような色鮮やかさで咲いております。
 このパンジーは男性職員が懇切丁寧に育ててくれております。そんな可愛らしい鮮やかなパンジーの前で皆様とお写真を撮らせて頂きました。
 現在のコロナ禍で外出のレクリエーションができない中ささやかな時間ではありますがパンジーと共に過ごして頂き皆様から「綺麗!可愛い!」というお言葉を頂きました。心が穏やかに体も健康に過ごして頂けるよう日々努力して参ります。
 他地域では緊急事態宣言が継続されておりますがレビー八千代としてできる限りの感染防止対策をこれからも継続して参ります。
 過ごしやすい季節になってまいりましたが体調を崩さないようにお気をつけ下さい。
天気の良い日に皆様で太陽の光に当たり気持ち良いです

鉢植えで機能向上 デイサービス法典

2021-05-26
 レクリエーションとして野菜の鉢植えや花壇の植え替えなどをご利用者様を中心に行っております。作業に参加されるご利用者様は生き生きと目が輝いていますね。楽しそうです。
土を肌で感じて五感を刺激して
皆様鉢植え作業が好きなようです
きれいな花を咲かせましょう

食堂アート レビー船橋

2021-05-26
 レビー船橋、今月の食堂アートは鯉のぼりと藤の花の飾りとなっております。

菖蒲湯 レビー船橋

2021-05-26
 令和3年5月4、5日の両日にレビー船橋の入浴時菖蒲湯を楽しんで頂きました。
 「菖蒲湯」の由来は、古代中国で始まった「端午の節句」の風習にあります。
 その頃の「端午の節句」は、邪気や魔物をはらう「厄祓い」の行事でした。「端午の節句」のある「旧暦の5月初め(現在の6月初め~中旬)」は梅雨の季節にあたりますが、中国でも長雨の時期になります。当時の中国の人達は、この季節に起こる大雨による被害や病気の流行、更にはものが腐りやすいといった事は、すべて「邪気や魔物の毒気のせい」と考えました。ですから、その強い香りから「邪気を祓う」効果があるとされた「菖蒲」や「よもぎ」などの薬草を摘んで飾ったり、菖蒲酒にして飲んだり、葉や根を束ねてお風呂に入れる「菖蒲湯」に浸かったり、といった風習が生まれたのです。
 日本へは奈良時代に伝わったと言われています。それ以前から日本には、5月のこの時期には年若い「早乙女(さおとめ)」が田植え前の「みそぎ」として「菖蒲」で身を清める「五月忌み(さつきいみ)」という行事がありました。
 早乙女たちは刻んだ菖蒲の根を浸して作った「菖蒲酒」を飲んで、その身を清めました。
 日本でも季節の変わり目で病気になりやすかったこの時期は「毒月」とも呼ばれ、昔の人は野で摘んだ菖蒲やよもぎなどの薬草食して「毒を祓おう」としていたと言われています。
 
とても鮮やかな紫色の菖蒲の花

今月の作業療法 

2021-04-23
 今回紹介するのは上半身の捻りの運動です。
 上半身の捻りはバランスを保ち、洗濯物や料理など手を伸ばす動作に重要です。バランスに自身の無い高齢者の方にはおススメの体操です。後方を振り向くようにしっかりと捻りを加えていきましょう。
 運動の際は、息を吐きながら行うとリラックスしてストレッチすることができます。

【体操の効果】
 上半身を捻ることで腰の柔軟性を高め、振り向き動作での「バランス能力を高める効果」や「腰痛予防」として効果が期待できます。
【回数】
 左右共に10回を目安に行いましょう。
レビー・ケア株式会社
〒273-0046
千葉県船橋市上山町1-157-1
TEL.047-338-8855
FAX.047-338-8800
1.有料老人ホーム
2.居宅介護支援事業所
3.訪問介護・通所介護事業所
4.グループホーム
5.福祉用具貸与
TOPへ戻る