本文へ移動

レビーブログ

RSS(別ウィンドウで開きます) 

流しそうめんで機能向上 デイサービス法典

2020-07-23
 ご利用者様とスタッフ一緒に「流しそうめん」を楽しみました。皆様ニコニコで大喜びでそうめんを箸ですくい美味しそうに頂いておりました。
桶を使い手作りの流しそうめん器
上手くそうめんを流せるか
大成功上手にすくいご利用者様の口の中に

七夕 レビー船橋

2020-07-23
 7月7日は七夕ですね。この日は笹の葉に「願い事の書いた短冊」や「飾りつけ」をしますが、どうして七夕というものが生まれたのでしょうか?
 古来の日本では「棚機女(たなばたつめ)」と呼ばれる女性が、機織り(はたおり)をしてできた布を神様にお供えして、豊作を祈ったり災厄が起こらないように願ったりする行事がありました。
 この行事が時の流れと共に、お盆の準備として行われるようになったのですが、その日付が、7月7日の夕方に行う「棚機(たなばた)」の行事ということで七夕(たなばた)と呼ばれるようになったと言われています。
 ですので七夕は当て字だったのですね。
 どうして七夕の日に願い事を短冊に書くのか?中国から伝わった宮廷行事「きこうでん」は古代中国から伝わった機織が上手な識女にあやかり7月7日の夜に「針や糸を供えて、手芸の上達を願う。」といった宮中行事でした。これが後に、和歌や書道の上達にも願うようになったことから、七夕の日には様々な願い事も短冊に書くようになったんですね。
 そんなお願いを書いた短冊や七夕飾りは「笹の葉」に吊るしますよね。
 なぜ笹の葉に吊るすのかというと、笹や竹というものは生命力にあふれているため、まっすぐに伸びることからつまりは「魔除け」になると考えられていたからなんですね。
ご利用者様と左から猪爪部長、屋代施設長、小野社長
ご夫妻で短冊に願いを込めてお祈りしました

今月の作業療法

2020-06-22
 「腰痛」とは、腰からお尻にかけての痛みや張りといった不快に感じる症状のことです。
 一方、多くの腰痛は、不良姿勢に関連する”腰の不具合”に伴い、心配する必要がなく、さらには自分でコントロールすることが可能です。重篤な病気がないにも関わらず、腰痛がなかなか良くならない理由として、腰痛を気にしすぎたり、不快感からコルセットを常時着けていたり、といった腰や体を動かすことの恐怖感から回避しがちになることが挙げられます。ここでは、腰を動かすことを怖がっている人でも取り組みやすい、いつでもどこでも出来る腰痛体操の「これだけ体操」という体操がありますので紹介します。

菖蒲湯 デイサービス白雲

2020-06-22
 向暑のみぎりでございますが、お変わりなくお過ごしでしょうか。
 さて、デイサービス白雲では、不要不急の外出自粛をされている皆様に少しでも季節を感じて頂きたいと思い、5月4~5日の2日間デイサービスのお風呂に菖蒲を浮かべ「菖蒲湯」を楽しんで頂きました。
 端午の節句と菖蒲の関りは中国から伝わったものだそうで江戸時代に菖蒲湯として一般庶民に定着したとの事です。
 菖蒲の成分により血行促進や筋肉痛、また香りによるリラックス効果も望めるとの事です。
 これからもデイサービス白雲では利用者の方々が、活き活きとお過ごし頂けるようご支援をさせて頂きます。
 木の芽時は体調を崩しやすい季節です。お身体をお大事にして下さい。
湯船に浮かぶ菖蒲香りがあり薬効成分も含まれ温泉気分です

自然の中を散歩 グループホーム白雲館

2020-06-22
 緊急事態宣言が解除されたとはいえ、まだ気の抜けない日々ですが、皆様いかがお過ごしでしょうか。
 グループホーム白雲館では、宣言中ご入居者様にステイホームをお願いしていましたが、解除後はご入居者様に少しでも以前の日常を取り戻して頂こうと、人との接触を避けながらご近所を散歩していただく取り組みを始めました。
 マスクをしながらの散歩ですが久々に外気に触れ、皆様晴れ晴れとした表情をなさっていました。少し気になるのが皆様思った以上に脚力が落ちていて以前のコースは歩けないようなので、少しずつ距離を伸ばすようにしています。もちろん帰ってからの「手洗い」「うがい」も欠かしません。今後も最大限感染症を予防しながら、日常を取り戻せるよう努力して参りますので、皆様もお体にお気をつけてお過ごしくださいませ。
スタッフと一緒に久しぶりの散歩に出発
外出できてとても良かったです
レビー・ケア株式会社
〒273-0046
千葉県船橋市上山町1-157-1
TEL.047-338-8855
FAX.047-338-8800
1.有料老人ホーム
2.居宅介護支援事業所
3.訪問介護・通所介護事業所
4.グループホーム
5.福祉用具貸与
TOPへ戻る