本文へ移動

レビーブログ

RSS(別ウィンドウで開きます) 

節分プリン グループホームおゆみ野苑

2021-02-23
 立春の候、連日多くのコロナ感染が確認されたというニュースが流れる中で、おゆみ野苑の皆様はものともせずお元気に過ごされているので何よりに存じます。そんな中、今年は124年ぶりに2月2日が節分でしたが、苑では2月3日に節分イベントを行いました。当日までの間、入居者様には余暇の時間に鬼の顔に色塗りをしてお面を作ったり、ミニゲームで使う大きな鬼の顔のボードに絵の具で色付けするなどの作業を手伝って頂きました。出来上がった鬼の面は、皆様個性的でお互いに「それいいね」と褒め合っていました。
 当日は15時のおやつを入居者様と午前中に手作りしました。抹茶プリンを作り、固まったらアポロチョコ、チョコペンでデコレーションしました。午後は赤鬼と青鬼がやってきて、入居者様と豆まきを行い、撃退した後鬼の顔のボードを使ったミニゲームを行いました。
 お手玉を鬼の顔をめがけて一人一人投げ、順位を競いました。その後、抹茶プリンで作った鬼プリンを「かわいいね」「美味しいね」と話されながら節分豆と一緒に頂き、笑顔が見られました。
赤鬼がおゆみ野苑に現れました
可愛らしい全部表情が違う鬼プリン

節分イベントでふぁいと レビー八千代

2021-02-22
 レビー八千代では2月2日に「節分」のイベントとして、豆まきを行いました。2月2日の節分は1897年以来124年ぶりとのことです(地球の公転周期が関係しているとのことですが難しいことは割愛させていただきます)
 赤鬼・青鬼に豆の代わりの塊(今年も入居者様に新聞紙を丸めたボールを作って頂きました)を鬼に投げつけ、今年も元気に過ごせるようお祈りされました。
 節分の豆まきには、豆は「魔滅(まめ)」に通じ、無病息災を祈る意味があるそうです。また、魔の目(魔目=まめ)に豆を投げつけて、魔を滅する(魔滅=まめ)にも通じると言われています。今年の2月は暖かくなったり急に寒くなったり気温が不安定な日が続きましたが、春はもう間もなくです。体調など崩されませんようお体を大切にお過ごしください。
ご利用者様にレビーの型で襲う赤鬼に青鬼・黒鬼?
邪気を払い今年も元気に過ごせますようにと願いました

節分でも機能向上 デイサービス法典

2021-02-22
 デイサービスでは2月のはじめに節分祭を行いました。豆つかみゲームや紙ボールを投げて鬼は外と掛け声をかけ、そのあとは、やはり美味しいケーキで笑顔の祭事でした。
紙のボールを投げて鬼退治です
まめを素手で掴んで指先訓練です
最後はやっぱり美味しいものが最高

食堂アート レビー船橋

2021-02-22
 皆様ご入居者様には季節を感じて頂きたく、今回の作品は、やはり節分、鬼や福娘に梅とウグイスとても鮮やかな色遣いで思わず微笑む作品でした。次回の作品もどうぞお楽しみに!
食堂の柱に節分のイメージ

居室にて節分 レビー船橋

2021-02-22
 令和3年2月3日(水)今年の節分はゲームや豆まきは行わずに竹本部長(青鬼)がご入居者様の居室等に豆を持参して、福を呼ぶ行事となりました。
 皆様笑顔での写真撮影となり、特に竹本部長は最高の笑顔の青鬼でした。良い年でありますようにと願います。
早く暖かい春が来ますように
お二人とも最高の笑顔です
ご入居者様と竹本部長です
レビー・ケア株式会社
〒273-0046
千葉県船橋市上山町1-157-1
TEL.047-338-8855
FAX.047-338-8800
1.有料老人ホーム
2.居宅介護支援事業所
3.訪問介護・通所介護事業所
4.グループホーム
5.福祉用具貸与
TOPへ戻る