本文へ移動

レビーブログ

Instagram

RSS(別ウィンドウで開きます) 

菖蒲湯 レビー船橋

2021-05-26
 令和3年5月4、5日の両日にレビー船橋の入浴時菖蒲湯を楽しんで頂きました。
 「菖蒲湯」の由来は、古代中国で始まった「端午の節句」の風習にあります。
 その頃の「端午の節句」は、邪気や魔物をはらう「厄祓い」の行事でした。「端午の節句」のある「旧暦の5月初め(現在の6月初め~中旬)」は梅雨の季節にあたりますが、中国でも長雨の時期になります。当時の中国の人達は、この季節に起こる大雨による被害や病気の流行、更にはものが腐りやすいといった事は、すべて「邪気や魔物の毒気のせい」と考えました。ですから、その強い香りから「邪気を祓う」効果があるとされた「菖蒲」や「よもぎ」などの薬草を摘んで飾ったり、菖蒲酒にして飲んだり、葉や根を束ねてお風呂に入れる「菖蒲湯」に浸かったり、といった風習が生まれたのです。
 日本へは奈良時代に伝わったと言われています。それ以前から日本には、5月のこの時期には年若い「早乙女(さおとめ)」が田植え前の「みそぎ」として「菖蒲」で身を清める「五月忌み(さつきいみ)」という行事がありました。
 早乙女たちは刻んだ菖蒲の根を浸して作った「菖蒲酒」を飲んで、その身を清めました。
 日本でも季節の変わり目で病気になりやすかったこの時期は「毒月」とも呼ばれ、昔の人は野で摘んだ菖蒲やよもぎなどの薬草食して「毒を祓おう」としていたと言われています。
 
とても鮮やかな紫色の菖蒲の花

今月の作業療法 

2021-04-23
 今回紹介するのは上半身の捻りの運動です。
 上半身の捻りはバランスを保ち、洗濯物や料理など手を伸ばす動作に重要です。バランスに自身の無い高齢者の方にはおススメの体操です。後方を振り向くようにしっかりと捻りを加えていきましょう。
 運動の際は、息を吐きながら行うとリラックスしてストレッチすることができます。

【体操の効果】
 上半身を捻ることで腰の柔軟性を高め、振り向き動作での「バランス能力を高める効果」や「腰痛予防」として効果が期待できます。
【回数】
 左右共に10回を目安に行いましょう。

チャレンジキッチン デイサービス白雲

2021-04-23
 花の盛りも慌ただしく過ぎ去り、いよいよ春も深まってまいりましたが皆様いかがお過ごしでしょうか。デイサービス白雲では恒例となりました、チャレンジキッチンの第三弾を行いました。
 今回は餃子!野菜の千切りから始まり、200個の餃子をご利用者様一丸となって皮に包んで頂き、とっても美味しい焼き餃子が完成しました。しっかりと身の詰まった餃子をペロリと召し上がって大満足のお顔を拝見することができました。
 こちらも恒例の白雲の湯ですが、今月は炭の湯を提供させて頂きました。炭の湯には遠赤外線発生効果により体の芯から体が温まり血行が良くなるという効果があります。また美肌効果にも期待ができるそうです。入浴後は心なしか若返ったように見えたのは気のせいでしょうか!?
 さてラストは今月から始まりました白雲ランチです。通所され、レストランのようにメニューの中から当日の昼食に食べたいものを決めて頂くシステムとなっております。人気のメニューはお魚定食、麺類でした。通所するのが楽しくなると言っていただきこちらも嬉しくなりました。これからも楽しんで頂けるよう頑張って参ります。
とても美味しそうなランチです
チャレンジキッチンに参加されたご利用者様
今月の白雲の湯“炭の湯”

雛祭りイベント グループホーム白雲館

2021-04-23
 うららかな春の日が続きますがいかがお過ごしでしょうか。
 白雲館のご入居者様は、変わらずお元気に過ごされております。例年でしたら毎日のようにお散歩に出かけていたのですが、密を避けるため室内でできることを楽しんで頂いています。3月3日に「雛祭りイベント」を行い、皆様に『お雛様』『お内裏様』に扮して頂き、記念撮影を行いました。その後、3月生まれの方の誕生日をお祝いさせて頂きました。
 誕生日はいくつになってもうれしいものですよね!皆様のお誕生日を盛大にお祝いしたいので、デコレーションケーキを皆様と一緒に作りました。今後は、その時のご様子もお知らせしていきますので楽しみになさっていて下さい。
お雛様をバックに記念撮影を行いました
三月生まれの方々おめでとうございます

苑内お花見 グループホームおゆみ野苑

2021-04-23
 新緑の候、皆様いかがお過ごしでしょうか。おゆみ野苑では、4月3日に苑内でお花見食事会を行いました。今年も新型コロナウイルスの影響で外出が難しいため、昨年に引き続き苑内開催となりました。お寿司やケーキを始めとしたお菓子類、飲み物を多数用意し、皆で楽しみました。
 食事会に先駆けて入居者様と一緒に桜の壁飾りを作成しました。まず桜の幹を立ててその周りに花びらを貼り付けていく作業です。色合いやバランスを保ちつつ、いかに満開に見せるかを皆で考えました。出来上がりはとても良く、本物の桜を見ている雰囲気になりました。
 今年の桜の開花は意外に早く、4月には散り始めていました。来年こそ皆様で本来のお花見ができればと願うばかりです。
手作りの桜のアートでお花見会
TOPへ戻る