本文へ移動

レビーブログ

RSS(別ウィンドウで開きます) 

面会制限解除のお知らせ

2021-10-26
ご面会の制限を11月1日付で解除いたしますので、お知らせ致します

コロナウイルス感染拡大に伴い、長期間に渡り対面での面会を制限しておりましたが、政府の緊急事態宣言解除の発出及び感染状況を鑑みまして、全事業所、面会制限の解除を致します。
詳細は各事業所までお電話にてご確認下さい。


レビー船橋:047-338-8855
レビー八千代:047-480-0085
グループホーム白雲館:043-206-8887
グループホームおゆみ野苑:043-293-8080


今後、情勢により変更する可能性もありご不自由をおかけしますが宜しくお願い致します。


知っておきたい作業療法

2021-10-26
 脳卒中を起こしたり、寝たきりの生活が長くなったりすると、関節を動かせる範囲(関節可動域)が狭くなります。関節可動域が狭くなると、痛みや運動能力の阻害が起こり、皮膚の損傷(皮膚の崩壊)や床ずれのリスクが増加します。関節可動域は一般的に年齢とともに狭くなりますが、たとえそうなったとしても、通常は健康な高齢者が自分のケアを行えなくなることはありません。
 理学療法士は、治療を始める前に関節の動く角度を測定するゴニオメーターと呼ばれる装置で可動域を評価します。また理学療法士は、可動域が狭くなったのは筋肉が固くなったことが原因であれば、精力的に関節のストレッチを行います。靭帯や腱が固くなったことが原因であれば、関節のストレッチは弱めにしますが、関節可動域訓練を進める前に手術が必要になる場合があります。ストレッチは、通常、組織を温めて行うと最も痛みが少なくなります。そのため、療法士はまず温めることから始めます。

関節可動域訓練には3つのタイプがあります。
①能動運動:このタイプは、介助なしに筋肉や関節の運動が出来る人に適しています。自分で両腕・両脚を動かします。
②自動介助運動:このタイプは、わずかな補助で筋肉を動かせる人や、関節は動くものの動かすときに痛みを感じる人に適しています。患者は両腕両脚を自分で動かしますが、その際には療法士が手やバンドなどの器具を      使って補助します。
③他動運動:このタイプは、自発的な運動が出来ない人に適しています。患者自身の努力は不要で、療法士が患者の両腕両脚を動かします。

今月のチャレンジザキッチン デイサービス白雲

2021-10-26
 日に日に秋が深まってきておりますが、いかがお過ごしでしょうか。デイサービス白雲では今月も多くのイベントを開催いたしました。9月1日はポートタワーに出かけてきました。敷地内は職員さんと私たち以外は誰もおらずのんびり、ゆったりと外の景色を眺めることが出来ました。車の中で食べたソフトクリームも格別でしたね!連れてきてもらえなかったら知らないまま死ぬところだったと仰っている方もいらっしゃいました。
 また14日、15日、16日の三日間にわたって敬老会を行いました。ボウリングと棒サッカーを行いました。普段とは違うゲームに集中して取り組まれていましたね。棒を使ったサッカーでは前に出すぎて椅子から落ちてしまうのではないかとひやひやしましたが、そんな心配をよそに大盛り上がりとなっておりました。そしてささやかですがイニシャル入りのハンドタオルをプレゼントさせて頂きました。
 今月は中秋の名月もあり、20日21日と月見の湯を提供させて頂きました。実際の空を見られた方もいらっしゃるかとは思いますがお風呂に入りながら眺める満月は格別なものになったのではないでしょうか。
 さらに今月もチャレンジキッチンでは厚揚げと人参のゴマみそ炒めとオクラのスープ、かぶとキノコの炒め物を作りました。いくつかのグループに分かれて手際よく進められていく様は、さすが主婦!といったところでしょうか。
 次回はどのような美味しいものを作って下さるのか今から楽しみです。灯火親しむ秋ではありますが、体調を崩さぬよう、お体を大切になさってください。
今月も美味しそうな料理の完成です
やけどしないように注意して料理
ボウリングたくさん倒して
棒サッカーでゴールを狙え
今回は月見の湯です

敬老会 グループホーム白雲館

2021-10-26
 木の葉も色づき始めましたがいかがお過ごしでしょうか。グループホーム白雲館では、9月21日に敬老会を行い職員が寸劇やマジックを披露し、ご入居者様の長寿をお祝いさせて頂きました。余興は練習不足でしたが、ご入居者様は温かく見守ってくださいました。本当に感謝です。現在は、ご入居者様に10月に行う予定の「白リンピック」の練習を行って頂いていますので、次回はそのご様子をお知らせしたいと思います。
寸劇やマジックショーを皆様の前で披露しました
特別メニューのお料理とても美味しそう
皆様でテーブルを囲んでのお祝いのお食事

敬老会&お月見 グループホームおゆみ野苑

2021-10-26
 霜降の候、皆様いかがお過ごしでしょうか。おゆみ野苑では、9月21日に敬老会を行いました。本来ならご家族様も招待して賑やかに行いたいところですが、このご時世中々難しく、各フロアーごとに行いまいした。
 今年もお寿司、ケーキ、飲み物を用意しました。それぞれ乾杯し、談笑しながら会は進みました。皆様元気で過ごされて何よりです。来年も元気で迎えられたらと思います。
 丁度この頃中秋の名月にあたりました。今年は満月でもあり、苑からも綺麗に見えました。中秋の名月が何故美しいかは様々な要因がありますが、月を眺めてお団子を食べるのは元々中国の風習で平安時代に日本に伝わったそうです。写真は撮り損ねてしまいましたが、壁面にするとこうなります。ちなみに日本ではウサギが餅をついているように見えると言いますが、各国によって見方が違うようです。
特別敬老会用のメニューで美味しいと笑顔です
綺麗に満月を作成とても上手
TOPへ戻る