本文へ移動

レビーブログ

RSS(別ウィンドウで開きます) 

11月の作業療法

2018-11-20
 日本人の国民病とも言える腰痛。少しくらい大丈夫だろうと、放置しておくと腰だけでなく、ひざ痛などの原因にもなります。腰痛を軽減させるには体操が効果的。今回は腰の痛みを予防する体操を紹介します。
【腰痛を予防しよう】
その①
 両手と両ひざを肩幅に開いて四つん這いになります。両手を前に伸ばし、腰を後ろ側に伸ばすようにします。腰を伸ばしたらゆっくりと腰を前に戻しながら、上半身を反らせていきます。伸ばしきったら体の力を抜きながらうつぶせに戻りリラックスしましょう。
★チェックポイント
 この動作を行うと、お腹のあたりがよく伸びるのを感じると思います。腹筋をストレッチするつもりで行いましょう。
 
次号の腰痛予防もお楽しみに!

アートと唄のコラボ デイサービス白雲

2018-11-20
 秋も深まり千葉公園の紅葉や銀杏がきれいに色づきました。
 皆様はいかがお過ごしでしょうか。
 白雲館では10月31日に秋のイベント「ミニクラシックコンサート&バルーンアート」を行いました。クラシックは「プリモ」の皆様、バルンアートは2015年にバルーンアートの世界大会で優勝された「シャン」さんにお越しいただきました。「プリモ」はソプラノ歌手、ピアノ、バイオリン、パーカッション奏者4名の歌と演奏をご披露頂きました。前半は本格的なクラシック演奏とオペラの歌唱、後半は「赤とんぼ」や「ふるさと」等の童謡を皆様と一緒に歌いとても楽しいコンサートになりました。バルーンアートのコーナーではまるで手品を見ているかのような手さばきで可愛らしいミッキーマウスをつくり、そして再び「シャン」さんの手にかかりあっという間にミニーマウスに変身してしまいました。「プリモ」の皆様、「シャン」様、本当にありがとうございました。
 バルーンアートの妙技、そして音楽の楽しさを再確認できる楽しい時間を過ごす事が出来ました。
華麗に登場バルーンアートの始まりです
歌と演奏で楽しいひと時を
間近で演奏して下さいました
感謝の花束を受け取りました

秋は大運動会の季節です グループホーム白雲館

2018-11-20
 早いもので季節は彼岸を過ぎ食欲の秋、読書の秋、スポーツの秋と何をするにも快適な季節となりました。皆様はお変わりなくお過ごしのことと思います。
 さて、去る10月4日に毎年恒例の「秋の大運動会」を行い、気持ちのいい汗を流して頂きました。3階の皆様は紅組、2階の皆様は白組と分かれて紅白の鉢巻きを巻いて協議に臨まれました。普段は控えめの方もこの日は元気よく参加されました。ボール投げ、輪ゴム通し、玉入れと団体競技を楽しまれたあと、目玉競技の輪上げを行い、数字の書かれているペットボトルを目がけ5回ずつ投げて頂き合計点の高い方が優勝となります。今年は女性入居者が優勝となり、団体では紅組が僅かの差で優勝となりました。参加賞をお渡しして、お茶を召し上がり乾いた喉を潤して頂き終了となりました。身体を動かすととても気持ちがいいですね!
 次回も楽しい企画をご用意しておりますので季節の変わり目で体調を崩さぬようご自愛ください。
まずは準備体操から
車椅子で輪投げゲームに挑戦しました
玉入れはみんなで力を合わせて挑戦
足が線からでないように注意して高得点狙い
表彰式はお互いに称えあいました

枝豆収穫とクラシックコンサート グループホームおゆみ野苑

2018-11-20
 10月12日に枝豆の収穫を行いました。今年は猛暑、長雨と天候不順が続き心配しましたが、蓋を開けてみれば例年もしくはそれ以上の収穫ができました。
 枝豆の鞘を取る所は皆様上手に行っています。ボール数杯分取れ、すぐに塩茹でにして頂きました。取れたてなので美味しさが抜群です。来年も様々なものが収穫できればと思います。
 また、10月31日にクラシックコンサートを行いました。今年はクラシック(音楽)にバルーンアートのコラボレーションという初めての試みでした。クラシックは「プリモ」というグループのピアノ、バイオリン、パーカッション、ボーカルの4名、それぞれ各分野で名だたる活躍をされている方々で、美しいメロディーを奏でて下さいました。また、バルーンアートのシャンさん世界チャンピオンの称号を持たれている方で、作るだけでなく私たちの想像を遥かに超越した仕掛けを施ししていたため、驚きの連続でした。見るものを飽きさせない素敵なステージでした。
枝豆がたくさん収穫できました
クラシックとバルーンアートの素敵なコラボレーション
見事な演奏と透き通る歌声で癒されます

秋の大運動会 レビー八千代

2018-11-20
 10月17日、18日の2日間にかけてデイサービス「レビーやちよ」では春と秋の恒例行事となった運動会を開催いたしました。ご利用者様10人とスタッフ3名ずつを1チームにして紅組と白組に分かれて競っていただきました。
 ラジオ体操第1、第2、いつものストレッチで軽く(?)準備運動をし、両チームのキャプテンの選手宣誓で秋の運動会が開会。
 ご利用者様には、カゴの代わりに逆さまに吊るした傘をめがけて玉を入れる「玉入れ」、横一列に着席していただきヒモに通したペーパーの芯をアンカーまで送る「もの送り」、床に敷いたタオルの上に水を入れたペットボトルを乗せ、それを足で足元まで引いて隣のご利用者様に送っていく「タオルたぐり寄せリレー」にご参加いただき、最後はいつもの歩行訓練を協議にアレンジした「歩行訓練でパックン変身」。歩行訓練の道中にセットされているヒモで吊るしたお菓子を口でとっていただきゴールにあるクジに書いてある衣裳を着けていただく競技。
 「三つ編み」「アフロ」「金髪」等、いろいろなカツラがありましたが皆様よくお似合いです。日ごろからレビーやちよのストレッチ体操やスリングエクササイズで体力をつけているご利用の皆様は予定されていたプログラムを平然とこなしていらっしゃいました。
 今回も歓声や笑い声が絶えずとても楽しい大運動会になったと思います。
 今後も春と秋にいろいろな競技を取り入れた運動会を開催していく予定ですので次回以降もぜひご参加ください。
隣の人にタイミング良く渡して
タオルたぐり寄せリレー
仮装大会?サングラスがクール
逆さま傘をめがけて投球しました
歩行訓練でパックン変身
レビー・ケア株式会社
〒273-0046
千葉県船橋市上山町1-157-1
TEL.047-338-8855
FAX.047-338-8800
1.有料老人ホーム
2.居宅介護支援事業所
3.訪問介護・通所介護事業所
4.グループホーム
5.福祉用具貸与
TOPへ戻る